• --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2012⁄11⁄30(Fri)
  • 17:35

まだ続くのか・・・靴下 スマートウール編

ハマりだすと止まらないのが私の欠点です。

残念ながら街履きでしか使っていないので、使用感についてのコメントが寂しいので、メーカーさんの商品説明を引用させていただいてます。                                     

スマートウールソックスの特徴

スマートウール社のソックスは最高グレードのメリノウールで作られています。
マートウール社では、ニュージーランドの提携牧場で特別に飼育されたメリノ種の羊毛のみを使用しています。そのため、原材料の品質維持と必要量の確保が可能となり、ハイクォリティなソックスの安定供給につながっています。
ウールは、石油を原材料とする化学繊維と違って天然素材。毛を刈られた羊からは何度でも毛が再生します。つまり再生可能な自然に優しい素材なのです。

<素材>
メリノウールは、羊毛の中でも最も1本1本の繊維が細く長くしなやかなので、ウールにありがちなイッチー感(ちくちくする感じ)がありません。また、丈夫で繊維の色が白いので衣服の材料として最適です(写真1)。そして、スマートウールには特別な熱処理が施されているので、洗濯機で手軽に洗うことができ、乾燥機を使用しても縮みません。
スマートウールは汗を外に発散し、肌に触れる部分をドライに保つウィックドライ性能に優れています。また、バクテリアの増殖を抑えるため、化繊に比べていやな臭いが付きにくいことも大きな特徴です。自然に縮れたスマートウール繊維は無数のエアポケットを作り、このエアポケットが優れた断熱材となってソックス内の温度を一定に保ちます。スマートウールソックスは、夏は涼しく、冬は暖かく快適に履けるソックスなのです。

<デザイン>
スマートウールソックスは快適に履くためだけではなく、機能的に履くためにデザイン上の工夫が施されています。
・ブレース
ブレースとはソックスと足とのズレを防ぎ、フィット感を向上させるためのサポーターです。アンクルブレースは足首のサポート感を高め、アーチブレースは土踏まず部分をサポートしてアクティブな動きに対応するとともに、疲労を抑える役割もあります(写真2)。
・クッション
クッションは衝撃を抑え、保温性を確保するためのパッドです。ソックスの足裏全体にわたり、厚くパイル状に編むことによってクッション性能を備えています。モデルによってヘビークッション、ミディアムクッション、ライトクッションに分かれています。(写真3)の矢印の部分がクッションです。

<サイジング>
スマートウールソックスのサイズには、大きく分けて一般的な登山用に設定されたものと、トレールランニングのようなアクティブなスポーツに合わせて小さめに設定されたものの2種類があります。前者の代表がハイキングというモデル、後者の代表がアドレナリンシリーズです。アドレナリンシリーズは履いたときに足にぴったりとフィットするようにタイトに編まれています。そのため同じサイズのソックスを広げて見たときに、2つのモデルは1サイズほど違って見えますが、使用する状況に合わせて設定されたサイジングなのです(写真4)。また、女性用モデルは甲を低く、幅を狭くすることで女性の足のボリュームに合うようにサイジングされています(写真4)。

<洗濯方法>
スマートウールソックスは、モデルにより異なりますが15%~30%の割合でナイロンを使用しています。ナイロン繊維はソックスの表側に使用されていて、ソックス表面の耐久性を高める役割を果たしています。しかし洗濯機で洗った場合、毛玉ができる原因となりますので、スマートウールソックスは必ず裏返して洗いましょう。また、漂白剤と柔軟剤はウールを傷めますので使用しないで下さい。

20121130_090239.jpg

比較的安価?で購入でき種類も豊富で扱っている店も多いのではないかと思います、やはりメリのウールの製品はいいですねー。

サイズは、ダーンターフと同じ感じです、速乾性が高いのか汗ばまない感じがします快適性といった面では優秀ではないかと思います。

登山用はもちろんランニング、スキーなどカデゴリー分けされているのもいいですね、今度ランニング用を買ってみます。
スポンサーサイト
category
未分類
  • 2012⁄11⁄30(Fri)
  • 17:02

Rollei35 シャッター

 シャッターが切れない原因を探ってみます。

 軍艦部を開けるとどうしても傷がつくのでまずは簡単なところから探してみます。

20121126_200442.jpg

 レンズはネジ3本で簡単に外せます、メンテナンスが楽で素晴らしい。

20121126_210411.jpg

 底蓋を開けてシステムを確認していると!

20121126_210952.jpg

 はい、ネジ発見!

20121126_211342.jpg

 ほんの数分でシャッター復活!

 んーでも低速がダメでした・・・こうなるとめんどくさいなー、どうせ外で明るい時しか撮らないし、このままでもいいか・・・><
category
カメラ
  • 2012⁄11⁄29(Thu)
  • 16:59

Rollei35 電池のお話

 ローライ35の電池はMR9(H-D)という水銀電池を使っていました、無論現在は製造されてません。 

 この代用はいくつか方法がありますので簡単に説明を。

 20121128_121242.jpg

 私が使っているのは、画像の変換アダプター(画像向かって右)で関東カメラサービスで販売しているもので、LR44等を中に入れ使用しますLR44は、1.5Vで、MR9は1.3Vなので電圧変換型を使用しています、クラカメファンなら1つは持っているのではないでしょうか、3000円くらいしますので高いと思われる方は別の手段を。

 同形状のもので、アルカリ電池で1.5v(ファルタ、デュラセル)のものであれは比較的入手しやすいので、そちらを使用する方法もありますただし電圧が高いので露出計を調整する必要が出てくる可能性があります。信頼できる露出計で確認しどの程度ずれているのか記憶しておく、もしくはISO感度なので調整する必要があると思います。ただしあくまでもクラカメなのでと割り切って、ネガフィルムを使ってプリントすれば補正できる範囲で収まるのではと思います・・・。

 さらには空気亜鉛電池で同形状のものがアメリカ(ウェインプロダクト)で販売されていますのでそちらを入手するのもいいかもしれません、入手困難であり寿命が短いらしいです。ただし空気が必要なので密閉されているようなカメラでは使用できません。

 さらには、LR44あたりにビニールテープをぐるぐる巻いてサイズを合わせるといった一番安く済む方法もありますのでこれもありかと思います、電圧が気になる場合は補聴器用の空理亜鉛電池PR44でこの方法を試してみてもいいと思いますちなみに電圧は1.4vです。

 色々と書きましたが、あくまでも自己責任でお願いします。
category
カメラ
  • 2012⁄11⁄28(Wed)
  • 15:58

Rollei35 修理着手

 早速、直してみることにしました。

 手始めに、露出計が生きているか確認してみることにしました。

 ドライバーでガリガリ削ります。

20121128_114121.jpg

 サンドペーパーを細かくり切ってペンチで挟んで磨きます。

20121128_150017.jpg

 これ以上磨くと、薄くなりそうなのでこのへんで。

20121128_121511.jpg

 電池を入れて・・・見事動きました、さすがゴッセン!
category
カメラ
  • 2012⁄11⁄28(Wed)
  • 14:04

靴下 FALKE編


FALKE ■ファルケ
1895年、ドイツ郊外のシュマレンベルク。厳寒期は編物工場で働く屋根職人だったFranz Falke-Rohen(Senior)は8名の従業員と共に小さな編物会社を立ち上げる。第一次大戦の苦しい時期を息子であるFranz Falke junior(Jr.)と共に乗り越え、1918年には後にFALKE Yarns誕生のきっかけとなる紡績工場を購入する。従業員は約800人、裁縫工場8箇所と急成長を遂げた1928年Seniorは永眠する。Jr.は1939年に現在の『FALKE FASHION』となる創業前にSeniorが働いていた編物工場を買収、さらに会社は成長を遂げる。1948年頃にFALKEのロゴは商標登録され、Jr.没後の1951年から2人の息子Paul&Franz-Otto Falke(Otto)は輸出貿易の拡大を始める。1958年、ホージャリーメーカー『Uhli』を買収、これによりドイツで最初のナイロン製のパンティストッキングの製造に成功、そしてコットンマシーンによるホージャリーメーカーのパイオニアとなる。


1976年、German Marketing Awardを受賞、1980年初頭には超一流デザイナーArmaniとの共同事業や、ライセンスパートナーとしてBoss、Kenzo、そしてJOOP!を迎える事により世界の一流メーカーとしての地位を確立する。

1990年、Ottoの息子であるFranz-Peter FalkeとPaulの息子のPaul Falkeの従兄弟同士の経営となる。FALKE Yarnsは1994年にBDI(German Union of Engineers)よりGerman Environmental Prize、1996年にはVEW AG(an electricity supply company)よりETA-Prizeを受賞、2005年に人間工学に基づいたスポーツウェアとしてFALKE ESS(FALKE ERGONOMIC SPORTS SYSTEM)をリリース、翌年に革新的なデザインとハイテクノロジーな機能の融合が認められ、 RUNNER'S WORLD Ispo Award 2006(Best Running Clothing部門)を受賞、続いて翌々年にはThe Design Award of the Federal Republic of Germany 2007を受賞、織物工業の中で唯一FALKEが受賞した企業となる。


現在もFranz Falke-Rohenの血を継ぐ4世代目がドイツから世界へハイテクかつ、ファッショナブルなセカンドレイヤーを提供し続けている。

FALKE社『FALKEの歴史』より抜粋

20121125_082436.jpg

 今度はファルケです、左右非対称で人間工学を意識して作られているようです、サイズ感はダーンターフよりホンの少し大きく感じますが、全体的に緩めな作りになっているようです歩くと下がってくる感じがします。

 バージンウールということで柔らかいのでしょうね、これも大変暖かく登山といった感じよりも街履きでちょうどいい感じがしました。
category
服とか
  • 2012⁄11⁄27(Tue)
  • 16:59

Rollei35 ジャンク入手

 ジャンク品を入手しました、無論メーターもシャッターも切れません、なんだかばらしてみたくてつい購入してしまいました。

 ジャンクといっても安いコンデジが買えるくらいはします・・・さて無駄遣いに終わるのか・・・。

20121126_195806.jpg

 軽く見てみたところ、電池は入れっぱなしで液漏れでひどいことになっていました、これは想定内です。

20121126_195832.jpg

 裏蓋を開けてみると・・・むむむ、ネジがないなこれ・・・バラしたあともあるので前オーナーがばらしたのか・・・。

20121126_200019.jpg


 ネジが脱落して動かなくなったのが吉、前オーナーがばらしてネジをなくしたのが凶といったところでしょうか、近日中にばらしてみます。
category
カメラ
  • 2012⁄11⁄27(Tue)
  • 16:51

靴下が最近のマイブームです。DARNTOUGH編

DARN TOUGH VERMONTソックスは、アメリカはバーモント州で生産されています。DARN TOUGH VERMONTソックスのスタッフは、アメリカのアラスカ・ハワイを除く48州の中でも最も天候の厳しい州のひとつと言われる、ここバーモント州のグリーンマウンテンの中に住み、働き、フィールドで楽しんでいます。ですので、私たちの裏庭がこの地球上で最上の全天候型機能ソックスを編むのに最適なテストグランドなのです。(アメリカ)

【DARN TOUGH VERMONTは生涯保証】
Darn Tough Verment ソックスは、全て生涯保証となっております。あまりアウトドアソックスでは例がありません。そのうたい文句もシンプルで、”私たちのソックスは、お客さまにとって快適で耐久性のあるものであることを自負しています。通常使用による破れの場合は、返品交換を受け付けます。(注:本国は返金対応ですが、日本では返品交換対応となります。)実際、製造上の不良による返品レートは非常に低く、0.001%未満となっています。しかし社内では返品理由を1つずつ検証し、意味あるものに関しては、将来の製品開発へ生かしています。人はそれをオブセッション(執念)と呼ぶかも知れませんが、私たちはパッション(情熱)と捉えています。それは、世の中で最良のソックス作りに対するパッションでもあるからこそ、自信を持って返品対応を受け付けるのです。ですので、是非、 Darn Tough Vermontソックスを試して下さい。そうする事で、何も失う事無く、逆にハッピーフィートを得ることになるのですから!

 以上メーカーの文章を流用させていただきました。

20121126_181443.jpg

 ということで、最強と歌われてる靴下です。
 
 私の足は実寸で26.5ですが、Mサイズでは少し小さいようなのでLサイズを購入しました。

 履き心地は大変よく、適度なクッションがあります、メリノウールを使用しているので大変暖かいです、でも街履き程度なら少し暑い感じがします、基本的にウールは肌触りが嫌いでほとんど着たことがありませんが、メリノは全然気にならない肌触りです、吸収性がよく乾きも早く天然の抗菌作用があるようなので、非常に優秀な素材ではと思います・・・ちょっと高いけどまあ、長く使えそうなんでありかなと思います、なんといっても生涯保障が素晴らしいです。

 と、また変なモノにはまってしまった><
category
服とか
  • 2012⁄11⁄20(Tue)
  • 23:29

ROBOT STAR Ⅰ

 ずいぶん昔に、研究用で買った、ロボットが出てきました・・・なんだかグッタペルカが剥がれてカッコ悪いので張替えとうかとストックを探しましたが、最近全くこの手のことをやっていないのでどこにあることやら見当たりませんので応急処置を。

※グッタペルカ=カメラに貼ってる革のようなものライカじゃないんでちょっと違うのかも><

20121120_210725.jpg

 これだけで記事にするのもなんなので、ちょっとこのカメラの紹介を・・・研究用で買ったものなので写したことはないですが。

 生まれは1952年ドイツです、特徴としては、ゼンマイ式で巻き上げがオートです、日本で有名なのはリコーのオートハーフかな、あんな感じです・・・、フォーマットが24×24で、粒子の粗さより撮影速度にこだわりがあったようです、無論この時代でも世の中は24×36が支流です。

 レンズはバヨネットマウントで、シュナイダー・アンジェニー・ツァイスと魅力的なレンズが揃っていたようです、これはシュナイダーのクセナーがついてます、一度は撮ってみたかった・・・、残念ながら専用のフィルムカセットが必要で、購入時は手に入るだろうと簡単に考えていましたが、日本はもとより、アメリカ等海外も探しましたが、タイミングが悪かったのか全く手に入りませんでした。

 長くなりそうなんで紹介はこのへんで。

20121120_210915.jpg

 最近はすっかりデジタルカメラに汚染されてしまい、この世界から遠のいていましたが、少しいじるとやっぱり銀塩はいいです・・・また欲しくなってきた。

20121120_210952.jpg

 ということで、今回は両面テープで応急処置。

20121120_212258.jpg

 この素敵な、カッターはマトーのスカルペルNo23です、ドイツのカメラなのでやはり道具もドイツ製でw

20121120_215559.jpg

 当分これで飾って置くことにします。
category
カメラ
  • 2012⁄11⁄20(Tue)
  • 22:41

水流が強すぎて・・・

 引越し後ですが、どうやらエーハイムの水流が強すぎて餌が取れないようです。

 ということで、穴を開けて水流を弱めました。

20121120_205644 (1)

 こんな感じです。

20121120_210037.jpg

 これで様子を見ます・・・。
category
ヌマガメ
  • 2012⁄11⁄18(Sun)
  • 18:33

ヌマガメのお引越し

 ずいぶん放置されていた、ヌマガメです、あまりにも不敏に感じるので、少し大きなゲージに移動させました。

 ペットで1番好きなのは多分亀です、私のペット収集は、少年期にお祭りで売っていた、ヒョウモンリクガメ(多分><)が買えなかった苦い思い出が引きずってのことだと思っています・・・確か800円で売ってたなー今では考えられないですねw

20121118_140249.jpg

 落ち着かないのか暴れています・・・がんばれ!
category
ヌマガメ
  • 2012⁄11⁄15(Thu)
  • 21:48

がんばれインパクト!

 インパクトです、数年前に水の中で数ヶ月過ごしています、昨年あたりはタイヤ1本外せたのですが今年はナット1本で一休みです・・・ばらそうかと思いましたが、外からオイルスプレーをしてやると3本くらいは外せるようになりました。

20121110_103458.jpg

 コンプレッサーもホーマックの安物なのでタンク一つ追加しようと考案中です・・・アストロで6800円くらいで売ってたのでインパクト買うより安上がりかな。
category
工具
  • 2012⁄11⁄15(Thu)
  • 21:43

いい迷惑だよ。

 うちの愛犬です、サンタの衣装を着せられてます・・・ブルーな顔をしています。

20121105_183349.jpg

 こんなものを着せられて犬が喜ぶわけがないwww 
category
愛犬
  • 2012⁄11⁄15(Thu)
  • 21:22

画像が貼れたのでアップします。

 PCの内部(ソフト面)を色々と整理しているうちに画像が貼れるようになりました、原因はよくわかりませんが、リンクがおかしい感じだったのかなー。

 ということでタイヤネタです、5年目突入です、スリップラインがそろそろといった感じです買わないとダメですかね~。

20121110_095334.jpg

 高いんですよねースタッドレスたいや・・・BSが欲しいけど手が出ないなー。
category
未分類
  • 2012⁄11⁄10(Sat)
  • 21:24

 こんばんわ・・・

 色々と書きたいことがあるのですが、画像が貼れずに断念してます・・・なんのトラブルだろ、PCなのかな><

 あまりにも更新してないので、死亡してると思われてもアレなので、なんとなく書いておきます・・・。

 ちなみに最近は、思いっきり肩、胸、腰を壊して動くのも辛い状態ですwww
category
未分類

プロフィール

いちち

Author:いちち
最近頑張れなくなってきました、怪我やら仕事やら・・・のことが多いです、奮起せねば!

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。