• --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2013⁄01⁄02(Wed)
  • 00:00

UGGのブーツ

 娘が、UGGのブーツが欲しいとのことだったが、さすがに3万円もするので買う気にならなかった。

 オークションで5分の1程度の値段で売っていたので、購入してみました。

 安いので自分の分も購入。

20121231_224221.jpg

 出品者は、本物としきりに言い張っていたが、さすがに3万円もするものをこの値段では・・・。

 しかし、かなりいい出来です、正直本物と見比べても私にはわかりませんw

 ただ、雪を歩くとすぐにベチャベチャになってしまいます。

20121231_224419.jpg

 で、コロニルのワックスプルーフを使っています、これなかなかの優れもので、大抵の革やゴアテックスなんかのナイロン製品に使え、革には栄養効果もあるので非常に重宝しています。

 ただなかなか匂いがきつい、乾いてしまえば気にならないのだが、車の中で使った時には子供が嘔吐しておりましたww
スポンサーサイト
category
服とか
  • 2012⁄12⁄02(Sun)
  • 19:18

rasox


そろそろネタ切れですが、こんなのもあります。

1991年、「自然と共に遊ぶ」をコンセプトに、国産インディーズスポーツブランドとしてrasox(ラソックス)は始動しました。足首は直角を基本に前後運動するのに「靴下はなぜまっすぐな筒状なのだろう」という疑問から、rasox(ラソックス)は誕生しました。人間工学に基づき生まれたrasox(ラソックス)は、従来の靴下にはない、人の足のように90度の角度を付けた形をしており、特許を取得しています。優しく包みこまれるような履き心地なのに、締め付け感がなく、ズレにくい、そして保温効果があるという特徴を持っています。
たかが靴下、されど健全なライフスタイル。快適さを創造しながら、品質の高いものづくりを行っているブランドなのです。


20121130_090510.jpg
category
服とか
  • 2012⁄11⁄28(Wed)
  • 14:04

靴下 FALKE編


FALKE ■ファルケ
1895年、ドイツ郊外のシュマレンベルク。厳寒期は編物工場で働く屋根職人だったFranz Falke-Rohen(Senior)は8名の従業員と共に小さな編物会社を立ち上げる。第一次大戦の苦しい時期を息子であるFranz Falke junior(Jr.)と共に乗り越え、1918年には後にFALKE Yarns誕生のきっかけとなる紡績工場を購入する。従業員は約800人、裁縫工場8箇所と急成長を遂げた1928年Seniorは永眠する。Jr.は1939年に現在の『FALKE FASHION』となる創業前にSeniorが働いていた編物工場を買収、さらに会社は成長を遂げる。1948年頃にFALKEのロゴは商標登録され、Jr.没後の1951年から2人の息子Paul&Franz-Otto Falke(Otto)は輸出貿易の拡大を始める。1958年、ホージャリーメーカー『Uhli』を買収、これによりドイツで最初のナイロン製のパンティストッキングの製造に成功、そしてコットンマシーンによるホージャリーメーカーのパイオニアとなる。


1976年、German Marketing Awardを受賞、1980年初頭には超一流デザイナーArmaniとの共同事業や、ライセンスパートナーとしてBoss、Kenzo、そしてJOOP!を迎える事により世界の一流メーカーとしての地位を確立する。

1990年、Ottoの息子であるFranz-Peter FalkeとPaulの息子のPaul Falkeの従兄弟同士の経営となる。FALKE Yarnsは1994年にBDI(German Union of Engineers)よりGerman Environmental Prize、1996年にはVEW AG(an electricity supply company)よりETA-Prizeを受賞、2005年に人間工学に基づいたスポーツウェアとしてFALKE ESS(FALKE ERGONOMIC SPORTS SYSTEM)をリリース、翌年に革新的なデザインとハイテクノロジーな機能の融合が認められ、 RUNNER'S WORLD Ispo Award 2006(Best Running Clothing部門)を受賞、続いて翌々年にはThe Design Award of the Federal Republic of Germany 2007を受賞、織物工業の中で唯一FALKEが受賞した企業となる。


現在もFranz Falke-Rohenの血を継ぐ4世代目がドイツから世界へハイテクかつ、ファッショナブルなセカンドレイヤーを提供し続けている。

FALKE社『FALKEの歴史』より抜粋

20121125_082436.jpg

 今度はファルケです、左右非対称で人間工学を意識して作られているようです、サイズ感はダーンターフよりホンの少し大きく感じますが、全体的に緩めな作りになっているようです歩くと下がってくる感じがします。

 バージンウールということで柔らかいのでしょうね、これも大変暖かく登山といった感じよりも街履きでちょうどいい感じがしました。
category
服とか
  • 2012⁄11⁄27(Tue)
  • 16:51

靴下が最近のマイブームです。DARNTOUGH編

DARN TOUGH VERMONTソックスは、アメリカはバーモント州で生産されています。DARN TOUGH VERMONTソックスのスタッフは、アメリカのアラスカ・ハワイを除く48州の中でも最も天候の厳しい州のひとつと言われる、ここバーモント州のグリーンマウンテンの中に住み、働き、フィールドで楽しんでいます。ですので、私たちの裏庭がこの地球上で最上の全天候型機能ソックスを編むのに最適なテストグランドなのです。(アメリカ)

【DARN TOUGH VERMONTは生涯保証】
Darn Tough Verment ソックスは、全て生涯保証となっております。あまりアウトドアソックスでは例がありません。そのうたい文句もシンプルで、”私たちのソックスは、お客さまにとって快適で耐久性のあるものであることを自負しています。通常使用による破れの場合は、返品交換を受け付けます。(注:本国は返金対応ですが、日本では返品交換対応となります。)実際、製造上の不良による返品レートは非常に低く、0.001%未満となっています。しかし社内では返品理由を1つずつ検証し、意味あるものに関しては、将来の製品開発へ生かしています。人はそれをオブセッション(執念)と呼ぶかも知れませんが、私たちはパッション(情熱)と捉えています。それは、世の中で最良のソックス作りに対するパッションでもあるからこそ、自信を持って返品対応を受け付けるのです。ですので、是非、 Darn Tough Vermontソックスを試して下さい。そうする事で、何も失う事無く、逆にハッピーフィートを得ることになるのですから!

 以上メーカーの文章を流用させていただきました。

20121126_181443.jpg

 ということで、最強と歌われてる靴下です。
 
 私の足は実寸で26.5ですが、Mサイズでは少し小さいようなのでLサイズを購入しました。

 履き心地は大変よく、適度なクッションがあります、メリノウールを使用しているので大変暖かいです、でも街履き程度なら少し暑い感じがします、基本的にウールは肌触りが嫌いでほとんど着たことがありませんが、メリノは全然気にならない肌触りです、吸収性がよく乾きも早く天然の抗菌作用があるようなので、非常に優秀な素材ではと思います・・・ちょっと高いけどまあ、長く使えそうなんでありかなと思います、なんといっても生涯保障が素晴らしいです。

 と、また変なモノにはまってしまった><
category
服とか
  • 2012⁄01⁄08(Sun)
  • 02:01

どうしたSHELLAC!

 私は、いい歳をしているが洋服も大好きです、若いときは洋服屋に務めていたこともあったりして、今は聞きなれないハウスマヌカンなんて呼ばれていたこともあります。

 なので、新年の福袋なんかを、とても楽しみにしています。

 特にこのSHELLACというブランドを好んで着ることが多いので、昨年のお正月に、5万円の福袋を決死の覚悟で購入しました。
 1つの袋に革ジャン1枚、カットソー2枚、トップス1枚、ジャケット1枚、スラックス1枚、ジーンズ1枚と総額で言うと25万円以上のものが入っていたと記憶しています、中身も使いやすいブランドイメージである黒のものがほとんどで、中身があまりに良かったのでその場でもうひとつ購入してしまったほどでした。

 そんなことで今年も期待に胸を膨らませ、早起きをして片道4時間程度かかる某ショップに出向き悩みながらも福袋GET!

 結果は、下の写真のとおり・・・あれ!コレしか入っていない・・・しかも!

福袋1

 みてみて!この鮮やかなパープル・・・って!

福袋2

 キィー、誰が着るんだーこの素敵なムラサキー、ここのブランドイメージって・・・10代20代がターゲットのブランドならまだしも。

 はぁ・・・不景気なのかね、まあ福袋だしね文句いってもしょうがないか・・・いや、まてまて福って意味どうよ!福入って無いじゃない;;

 ムラサキファンの方にはすみませんが!もう買えないね・・・と言って、新年一発目の愚痴とさせていただきます。

 とりあえず、黒に染め替えする方向でいますので出来上がったらアップするかも・・・。
category
服とか

プロフィール

いちち

Author:いちち
最近頑張れなくなってきました、怪我やら仕事やら・・・のことが多いです、奮起せねば!

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。